三国志群雄をじっくり遊んで徹底レビューします

三国志の有名な戦役を体験可能なシミュレーションRPG

「三国志群雄」は、数多くの武将を集め自分だけの軍隊を作り、戦役を追体験できるシミュレーションRPGアプリです。

自分だけの三国志の世界にどっぷりハマりつつも、戦略性の高いバトルが楽しめるシミュレーションRPGです。

天下泰平を目指す戦い

ゲームはステージごとに待ち受ける武将を撃破して進めていきます。

各ステージのバトルはテンポよく進むので、ストレスを感じることはありませんでした。

武将には数名の兵士が配属され、歩兵、弓や騎馬隊など複数のタイプ別に部隊を編成して戦い抜いていきます。

多くの兵士たちがぶつかり合う、迫力の合戦シーンを楽しめました。

「三国志群雄」の特徴は、部隊の編成により戦況が大きく変わるところにあります。

特に敵の騎馬隊には適切に対処しないと致命的な被害を受けるので、気をつけましょう。

たとえば敵が騎馬隊で特攻してくる場合は、盾を持った部隊を進行ライン上に置いて特攻を防ぐのがおすすめです。

計略を使って戦闘を優位に

バトル中は軍師が計略を放ち、敵部隊を攻撃したり、デバフを与えられます。

強力ですが、敵側も同じく計略を放ってくるため、いつ発動するかの駆け引きが楽しめました。

なお計略は戦闘中にいつでも放てます。

なかでも初期の軍師で使用できる「雷計」がおすすめで、敵を一定時間麻痺させることが可能なため使いやすいです。

有名な武将を集め、自分だけの最強の軍隊育成を楽しめる

お気に入り武将を育てよう

自軍の部隊を構成する武将は、こまめにレベルを上げることをおすすめします。

シナリオはサクサク進みますが、敵の手ごわさも途中から急に上がっていきます。

筆者は弓部隊をメインに、盾役の部隊を前方に配置して、さらに回復部隊を配置して戦いました。

火力は低いものの、そこは計略でカバーして安定して戦える布陣ですので、ぜひお試しください。

史実通りの戦いで名声を上げよう

シナリオには三国志でも有名な「赤壁の戦い」のような史実にあった戦いも用意されているようです。

ゲームを機にどんな戦いであったか調べると、より感情移入できるかもしれません。

戦闘中は最初優位に立っていても、陣形を崩されたり、相手の計略によってあっという間に逆転される場面も多いです。

リアルタイムに戦況が変化するバトルは緊張感があり、駆け引きを楽しめます。

三国志を知らない人でも爽快なRPGとして楽しめるのが魅力

強化イベントも豊富

メインシナリオ以外にも、他プレイヤーと対戦ができる闘技場やサブシナリオが多く用意されています。

武将の強化素材などの報酬が多めにもらえるので、積極的に挑みましょう。

少し残念なのは、ガチャで武将を手に入れられる確率がかなり渋めです。

しかし初期の武将でも強化すれば問題なく使用することが可能なので、気長に育成しましょう。

レア度の低い武将でも、強化素材を集めればランクアップしてレア度をあげることが可能です。

ランクアップすると基本パラメーターがアップし、新たなスキルも覚えるなどメリットが多いです。

軍師になった気分で遊べる

武将の強化ももちろんのこと、部隊の陣形と計略を放つタイミングを考えることも重要です。

陣形が適当、またちゃんと計略で相手を弱体化させていないようでは、厳しい戦闘を勝つことはできません。

戦略次第で有利にも不利にもなるのが、「三国志群雄」の最大の魅力です。

「三国志群雄」は戦略を考えるのが楽しく、シミュレーションゲームとしても完成度の高い作品でした。

魅力的に描かれたキャラクターが多く、三国志を知らない人でも十分に楽しめるのではないでしょうか。

じっくりと楽しめるRPGとしておすすめの作品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

kamisiro

家庭の環境から小さい時から金融商品や知識になじんだ生活を送る。 サラリーマンとして生活する傍ら 株、FXで本業とは別の収入を得続けている。 FXの成績は月利3~7%と幅がある。 投資歴はデモ期間を含めると、13年ほど。