初心者が株の銘柄を選ぶ際は「身近な銘柄」から選んだほうが良い理由

初心者が株の銘柄を選ぶ際は「身近な銘柄」から選んだほうが良い理由

こんにちは。

神代(カミシロ)です。

今回の記事では、

これから株式投資を始めようと思っているあなたに

間違いなく有益となる内容が満載の記事となります。

ですので、しっかりと最後まで

今回の記事も読んでいただき、

内容を理解して頂ければと思います。

投資に興味を持ち証券口座を開き、

「株を買って投資をさっそくやってみようかな!」

と思うかもしれません。

という段階で一番悩んでしまうのが、

「どの企業の株を買えば稼げるのだろうか?」

ということだと思います。

この悩みを持つ人はとても多く、

これはなにも株式投資初心者限定の話ではなく、

投資経験者の方でもずっと悩み続ける、

いわば株式投資家ならば、永遠のテーマとも言えます。

よくありがちなのが初めて購入する株は、

ニュースで聞いた知名度のある企業や

zaiなどの株式投資の情報満載の雑誌でしたり、

インフラ関係の一流企業の株とか

なんとなく流されてというか、

安心感やブランドに依存して

買ってしまったというのは結構あります。

しかし、世の中にはお金を稼ぐ手段がたくさん存在酸する中で

せっかく株式投資で稼ごうと決心して

実際に株式投資を始めるのであれば、

少しでもかせげる根拠を持って投資をスタートしたいと思います。

ですので、企業分析に自信のない株式投資初心者の方は

まず、「身近な銘柄」から投資対象を

選んでみるのがベストだと思います。

株式投資の経験者は、

独自の分析方法があるかと思いますので、

その分析によって導きだされた

銘柄を選んで投資して頂ければと思います。

私の銘柄選び、

おすすめ銘柄を知りたい方は、

LINE@もしくは直接メールで問い合わせていただければ

お答えしますので、遠慮せずに聞いてください。

では、早速初心者が株式投資を始める際は

なぜ、身近な銘柄から選んだ方が良いのか

説明させていただきます。

なぜ、株は身近な銘柄から選ぶべきなのか?

なぜ、株は身近な銘柄から選ぶべきなのか?

まず、あなたにおさえておいていただきたい

大前提として株式投資というものは、

企業の将来の業績に期待する行為という事です。

そのため、将来の業績を予測するために、

私たち投資家という存在は企業のビジネスモデルや

財務状態について詳しく調査する必要があるわけです。

しかし、この企業の財務状態の調査ですが

プロの投資家や機関投資家のリサーチ力は、

目を見張るモノがあります。

根拠や一般人が知りえない秘匿性の高い

情報の材料集めなどが抜群にうまいのです。

もちろん、このようなプロの投資家や機関投資家に

私たちのような一般的な投資家が

同じ土俵に立っても勝ち目はありません。

しかし、稼ぐためには、勝つ必要があります。

ただ、馬鹿正直に戦いを挑んでも勝つことが難しいため、

戦う土俵を変える必要があるということです。

この土俵を変えて戦うという視点は非常に大事であり、

勝つことが出来るチャンスが転がっているのです。

というのも私たちは、普段の生活の中で、

流行の商品やサービス、行列を作るラーメン屋など

意外と人が知らない事でも結構詳しく知っているということが

多々あります。

例えば、2017年急激に日本で

店舗を拡大した『いきなりステーキ』のような

誰でも店に入って食べることが出来るチェーン店や

品切れで入手困難だった『任天堂switch』などのゲーム機など。

あなたの身近な生活圏から流行っている

モノやサービスは自然と気づくことが

多々あります。

日常生活を送るうえで

この気づいた点は、

必ず企業の業績に少なからず

結びついてくるのです。

流行り初めのお店や商品、モノなどは、

パソコンやスマホの画面に張り付いて、

ずーっとチャートの動きに合わせて、

数字を追いかけているプロの目には意外と気づきづらいものです。

こういった理由からまず株式投資を初めて始める際は、

あなた自身がわかりやすい分野から始めてみましょう。

具体的な株の銘柄の探し方、選び方とは?

身近な店や商品、サービスから株の銘柄を選ぶ

身近な店や商品、サービスから株の銘柄を選ぶ

では、実際にどうやって身近な日常生活から

企業の銘柄を探せばいいのか、

あなたは悩まれるかもしれません。

そんなあなたに、簡単に銘柄を見つける方法を

3ステップで教えさせていただきます。

まず、第一に

例えばセブンイレブンなどのコンビニに行くと、

たくさんの商品や備品が一度に見られると思います。

お菓子でもアイスでも飲料水でも、

コーヒーメーカーでも、

アイスを格納している冷凍庫でも

その商品やサービスを提供している企業があるのです。

その中で、しょっちゅう売り切れている商品などを

スマホなどでいいので、メモしておいて覚えておいてください。

そして、次に、その商品を作っている企業やお店が、

上場している企業かを調べてください。

もし上場しているなら、第1段階はクリアです。

上場している企業は倒産する可能性が高いからです。

では次にリサーチ方法に関して

説明させていただきます。

どんな会社かリサーチする

どんな会社かリサーチする

まず、前項で企業の見つけ方は理解して頂けたかと思います。

ただ、当然のことですが

次は、見つけた企業について

分析をしていかなければなりません。

とうのも、どんなに流行の商品やサービスを作っていても、

見え方だけなんだか華やかそうなイメージで

実際は資金のやりくりは自転車操業で、

今にも倒産しそうな借金だらけの企業に

あなたも投資はしたくないと思います。

ですので、難しい財務の知識がない場合、

最低でも「自己資本比率」くらいは

チェックするようにしておいてください。

ここで簡単に自己資本比率に関して

説明させていただきます。

自己資本比率とは、

全ての資産に対しての自己資本の割合なのですが、

専門的な説明はここでは省略させてください。

先ほど上場している企業は倒産しにくいと説明しましたが

自己資本比率40%以上ならさらに倒産しにいくいと

一般的には言われているので、

まずは40%以上であるかを確認してみてください。

<h3>選んだ銘柄の企業の利益は増えるのか考える</h3>

前項で自己資本比率を確認することは

非常に大切であると説明させていただきました。

理解して頂けたかと思うので、

次の段階に関して説明させていただきます。

自己資本比率もクリアできると、

今度はその会社がどこまで成長できる

余力があるかを簡単な想定でいいので、

考えてみて下さい。

例えば、先ほど例に出させていただいたセブンイレブンなど

すでに日本全国に進出してしまっている

コンビニなどは、今後どの程度の出展余地があるでしょうか?

コンビニに関しては国内では結構頭打ち感がありますが

海外などに目を向けてみると

まだまだ発展途上国などに、新規店舗を出店できる

可能性はかなりあります。

つまり、まだまだ成長余力は携わっているという事です。

しかし、今回のセブンイレブンなどと違って、

成長の余地があまり無いなら、

利益はあまり伸びないと考えられるので、

整然と株価も上昇しにくいのです。

これは不思議なことにチャートなどにも

心理が如実に表れます。

そこでもし、そういった場合に

次に考えるのは、店等ではなくて

その商品・サービスの市場規模とシェアを考えることが

大切になってきます。

例えば、2,000億円の市場規模がある市場で、

現在3%シェアだとします。

将来15%のシェアを取れるなら、

単純計算として売上げ・利益は15倍になるという

計算になります。

もちろんこのように単純計算できるほど

上手くいく企業ばかりではないですが、

このような視点で考えてみることで、

将来性のある企業の選別はある程度しやすくなります。

日常的に株価をチェックする

日常的に株価をチェックする

前項では、商品やサービスの市場規模やシェアを考えてみることが

大切であると説明させていただきました。

それでは次に

いい商品やサービスを提供していて、

財務状況も良好で、今後の展開も期待できる企業が

仮に見つかったとします。

ここまで来ると、残る判断基準は1つとなってきます。

現在の「株価が高いのか安いのか」を

冷静に判断してみるということです。

もしかしたら、どういうことかと

少し混乱しているかもしれないので

分かりやすく説明させていただきます。

例えば日常生活においても

野菜や家電・車など普段買い物をする時に

商品やサービスが高いとか安いとかは

生活していく上で、当然気になりますよね。

それと同じことを、

株式投資においても判断してみるのです。

ただし、やはり日常生活における

商品やサービスの高い安いとは違って、

株価のチェックは高い安いの基準が曖昧なので、

とても難しいものとなります。

ここでは代表的な指標である

「PER」と「PBR」を使った

割安度の調べ方を説明させて頂ければと思います。

まず、PERとは、企業の利益についての指標なのですが、

この数字が15倍以下だと一般的に割安と言えます。

一方で、PBRは、企業の資産についての指標で、

こちらは1倍以下が割安とされます。

PERとPBRについては、また別途詳しく説明させて頂きます。

それでは次に実際に投資をするかの

判断方法に関して説明させて頂きます。

実際に投資をするか判断

実際に投資をするか判断

では、投資するかどうかの判断ですが、

上の4つのチェック項目をクリアしてきた企業であるのであれば、

投資基準から外れていて投資に向かない企業は、

候補には残っていないかと思います。

ですので、後は自分の判断だけなので、

ここからは企業のHPを見たり、

実際に商品やサービスを使ってみたりして、

納得のいく企業の株式を買ってみることが大切になってきます。

情報収集の方法とは?

情報収集の方法とは?

どんな商品やサービスが人気か関心を持つ

どんな商品やサービスが人気か関心を持つ

では、具体的な情報収集の方法に関して

説明させていただければと思います。

と言っても情報収集の仕方は何も難しくはありません。

平日朝から放送している情報番組のトレンドのコーナーや、

テレビCM、日常の会話など、人気商品の情報は

毎日溢れています。

それを逃さず投資に結びつけるには、

日頃からアンテナを張って、

どんな企業が作っている商品やサービスなのかを

考えていくことが大切です。

ですので、

「さあ、情報収集をがんばろう!」

と肩肘張って頑張るというよりかは、

日常生活の延長といった認識で

無理せず情報収集することが

長く続ける為の秘訣となります。

新聞紙や雑誌からの探し方

新聞紙や雑誌からの探し方

次に新聞や経済雑誌などからの

情報収集に関しての説明をさせていただきます。

まず、株式投資家がチェックしている定番の新聞であある

日本経済新聞の読み方、情報収集の仕方ですが

日々の社会の動きをチェックしてください。

そして、日経マネーやzaiなどのマネー誌で

株の情報を得るようにすると、

経済全体+個別企業という様に

上手く裾分け出来て具体的な分析ができるようになります。

そして、ここからさらに踏み込んで

少しステップアップした情報収集を目指すのであれば、

会社四季報を使って全上場企業から

あなた自身が興味のある企業を注目してください。

インターネットやSNS

インターネットやSNS

まずTwitterやFacebook、Instagram、

個人投資家のブログ(私、神代(カミシロ)のブログなど(笑))

を始めインターネットやSNSは情報の宝庫です。

というのは有名な個人投資家たちが、

自分の分析手法や銘柄の分析結果を

無料で公開してくれているからです。

しかも、情報に関してもわざわざあなた自身で

手間をかけて探し回る必要もなく、

ご丁寧にまとめてくれているので、

短時間で必要な情報を収集することが出来るのです。

分析方法も株で実際に稼ぐための企業の情報も

基本的に無料で見られるものばかりなので、

徐々に情報収集方法や分析方法など

参考にしてみるとコツを掴みやすくなります。

ここまで読むと、

「最初から個人投資家などのブログやSNSから

必要な情報をピックアップすれば、

少ない労力で情報収集できるから

楽だし効率的じゃん!!!」

と思うかもしれませんが、

今、有頂天になっているあなたに、

注意点をお伝えさせて頂ければと思います。

【注意】ネットの情報を鵜呑みにしない

【注意】ネットの情報を鵜呑みにしない

では、注意点を説明させていただきます。

まず、匿名のネットの情報を

無防備で鵜呑みに100%信じてはいけません。

情報を鵜呑みにして投資した結果、

失敗だった場合、失うのはあなたの大切なお金になります。

そう。

情報発信者は自分が損をするわけではないので、

あることないこと書いている可能性があるのです。

やり方や考え方を参考にするのはオススメですが、

有名人が買っているという理由だけで

企業の株を買うのはやめたほうが良いです。

思考停止で情報を鵜呑みにして、

投資をするというのは、投資家ではなく

ただの「カモ」です。

せっかく何かの縁で私の記事を読んでくださっているのですから

そこらへんにいるただの「カモ」になるのではなく、

しっかりと自分の頭で判断して、

投資が出来る「真の投資家」を目指してください。

最後に

最後に

株の銘柄の選び方というものは、

株式投資において1番難しい部分でもあり、

1番楽しい部分でもあります。

これは何も株式投資の初心者あるあるネタではなくて、

株式投資歴が長い人でも同じことが言えます。

実際に私もいまだに株の銘柄選びは

結構苦労しています。

やはり、銘柄によって値動きの特性とか

日経平均株価やアメリカ株に引っ張られたりと

クセがあったりしますので。

ですので、まずはあなたの身の回りにあって存在が近い、

理解しやすい企業の株の銘柄を選び、実際に購入して

運用してみてください。

実際に株式投資を始めて要領がわかってくると、

電気自動車やAIなど、今後伸びそうな分野の企業を

リサーチして投資をしてみてください。

さらにそこから踏み込んで

自分なりのトレードスタイルを見つけてみると

より株式投資の面白さを発見できるかと思います。

それでは今回も最後まで

私の記事を読んでいただき、

ありがとうございます。

次回の記事も楽しみにしていてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

kamisiro

家庭の環境から小さい時から金融商品や知識になじんだ生活を送る。 サラリーマンとして生活する傍ら 株、FXで本業とは別の収入を得続けている。 FXの成績は月利3~7%と幅がある。 投資歴はデモ期間を含めると、13年ほど。