ギャン理論 テクニカル分析の使い手から学ぶ28のルール

こんにちは。

神代(カミシロ)です。

株式投資の勉強を進めていく中で

必ず出会うといっても過言ではない

先人たちの知恵というものがあります。

今回の記事では、テクニカル分析とルール作りで

莫大な富を築きあげたカリスマ「ウィリアム・ギャン」について

紹介させていただくと共に彼の残した「ギャン理論」と呼ばれる

28のルールから、相場の本質を探っていき解説していければと思います。

今回の記事の内容を理解することで

あなた自身の投資の考え方、取り組み方は間違いなく

変化しますし、今まで稼げていなかったとしても

稼げるようになっていきます。

ですので、読み飛ばしたり、途中で読むのを止めたりせずに

しっかりと何度も読んで理解して頂ければと思います。

目次

■ウィリアム・ギャン ~テクニカル分析の始祖といわれた男~

まず、ウィリアム・ギャンという方に関して

説明させて頂きたいと思います。

ウィリアム・ディルバート・ギャン (William Delbert Gann、1878年6月6日 – 1955年6月18日)は、後述する「ギャンの価値ある28のルール」で知られている、

アメリカ合衆国の投資家です。

手書きしかなかったアナログ全盛時代に米英の博物館資料まで精査し、

独自の分析手法を数々生み出してきました。

その中で価格の変動には周期性があることを発見して、

日本の株式チャートにおけるローソク足とほぼ同じものを独自に編み出し、

発見した法則を厳正なルールで制御することによって

生涯8割以上という驚異的な勝率を誇りました。

これってめちゃくちゃすごい数字ですよね(笑)

その的確な分析手法によって

1929年の世界恐慌さえ1年以上前に予測してみせた人物としても知られているのです。

彼が実際にトレードしていた時から

実に1世紀近くが経過した今でも崇拝者の非常に多い、

強いカリスマ性を持つトレーダーであるといえます。

『ウィキペディア(Wikipedia)』参照

ウィリアム・ギャンのことを理解出来たかとは思うので、

ここからはウィリアム・ギャンが編み出した

28のルールに関して説明させていただきます。

■価値ある28のルール ”Twenty-eight Valuable Rules”

1.資金の1/10以上損失が出るような賭け方はしない

まず、これはどういうことかと言うと

資金配分を厳密にするということです。

売買に用いる元金を10等分に分割して、

1回の売買における損失限度は総資金の10分の1にすることです。

これは非常に理にかなっていて、

リスクヘッジも兼ねて一度に大きいロットを仕掛けてはいけないのが

プロの常識だといえます。

これは有名なジャック・D・シュワッガー著書『マーケットの魔術師』でも

同様のリスクマネジメントが取り上げられています。

私の投資手法においてもこれは参考にしていて、

【最も損を出しているポジションは-10%以内に損失を抑える】

ということを徹底しています。

これによって資産増加を緩やかなものにして、

焦らず着実に増やしていくことを心がけるようにしています。

これは株式投資においても

FXにおいてもそうですね。

2.毎度ストップロス・オーダーを出す

次に、リスク管理の方法として重要なのは

「ストップロス(逆指値)」

注文を出しておくことです。

これは特にFX取引で言えることですが、

注文が殺到して、保有資産を売りたくても

売れないことが稀に起こります。

最初は株で成り行き注文からで良いとは思うのですが、

例えば買いポジションを持って、

思惑とは逆に下がった場合

【何円まで下がったら反対売買を持つのか】

を事前に取引プランとして組み込んでおくことが重要だといえます。

3.過剰な売買をしない。資金配分を守る

連続で思惑が当たると、

自分は投資の天才なんじゃないかと勘違いすることもあります。(笑)

これはビギナー投資家あるあるネタです(笑)

そこで初心者が最初にやることは、早く大きく勝ちたいので、

資金分割してリスクヘッジをしていたはずなのにそのルールを破り、

通常の2倍の資金を使ったりして、大きく勝負に出ようとします。

ここで必ずあなたに覚えておいてほしいことは

投資の本質は、

【プランが外れて反対側に行った際に元本を守り切れるか】

が鍵です。

自分の首を絞めるようなことをすると

取引の持続性が失われて身動きが

取れなくなりますので注意してください。

4.トレーリングして利幅を増やす

利益を確保した後は損失とならないように、

ストップロスを変更することを心がけてください。

これは商品先物を中心として取引を手掛けてきていた

ギャン氏ならではの格言といえます。

先物は季節性や思惑で、

価格が一方向きに流れるトレンドが出やすく、

流れが転換してから戻る速度も速いです。

ですのでストップ注文を引き上げることで、

損を止める注文から利益追求のための注文として

役割を変えることができます。※これは高難易度テクニックとなります※

これは株の値動きとは違った特性ですので、

株ではトレンドラインがはっきりしていて

流れが強い相場の時だけ意識するようにしてください。

5.トレンドに逆らわない

さらにギャン氏は、

『トレンドが下向きなときは売るに安すぎるということは決してなく、

逆にトレンドが上向きなときは買うのに高すぎるということは決してない。』

という言葉を残しています。

これは実際、日経平均株価が大きく1,000円下がった時など、

下がり過ぎではなく、そこからさらに不安で1,000円下がる。

といったように

【安心感のある価格を大きく下回ると下げの流れが継続する】

傾向が強いです。

私も上昇トレンドでは

【高値更新で買い増し】

をハズレくじを引く覚悟で行いますが、

その結果、思惑とは逆に利益になるという経験を

数多くしてきました。

今では値段を見ずに

【値幅を見て取引】

をすることが出来るようになってきました。

6.迷ったらトレードしない

『迷った時はいったん手仕舞うこと。』

『迷った時はポジションを持たないこと。』

これは結構大事なルールとなります。

値動きがはっきりしていない状態で、

早く利益を出したい気持ちがあると、

いかなる時でも必ず売りか買いを持っていない!

といけないと思ってしまいがちです。

しかし、これは大きな間違いで、

『休むも相場』という格言があるように、

相場を見るときは選択肢が

【上がる・下がる・変わらない】

の3つあるということを忘れないようにしてください。

著名投資家のウォーレン・バフェット氏も

同様の発言をしています。

『ほとんどの投資家はバッターボックスに立って、

良い球が来るのを待ちきれずに悪球に手を出して失敗してしまう。

投資で成功するには、良い球が来るまでひたすら待てばよいのだ。

そして自分にとっての絶好球が来た時だけバットを振れば良い。』

これはかなり深い格言なので、

覚えるまでぶつぶつ繰り返して

声に出してみるのも良いと思います。(笑)

7.アクティブなマーケットでのみ取引する。揉み合いには手を出すな

これはどういうことかと言うと

活発に売買され、値動きのある市場で売買を行うことを

言い表しています。

投資で利益を出すには、

最低でも取らなくてはいけない利幅が存在します。

しかし、自分の取引スタイルの値幅程動きがなく、

「上がりも下がりもしない停滞相場(もみ合い)」パターンも存在します。

もみ合い相場では、トレンドフォローを主体とした

トレーダーにとっては基本お休みとなるので、

買いで入っても、売りで入っても、

流動性がないことで決済回数が落ち、

利益が思うように上がらない時期もあります。

このように動いていない時期に無理に動こうとすると、

自分の狙っていた値動き(チャンス)が来た時に

逃してしまうことになります。

ですのでなんでも間でも手を出すのではなくて

戦略にあっている値動きのみ応用にしましょう。

8.1銘柄に全力投入なんてしない。2~3銘柄でリスクを分散する

これは読んで字のごとく

リスクを分散し、資金の集中を避けることです。

1.のルールに近いですが、

複数の銘柄に投資することがいいとしていますが、

倒産リスクを避けるためは有効です。

私の投資ルールでは、資金を5~10に分けて管理するため、

値段の近い場所でポジションを持たなければリスクにならないため、

倒産リスクの低い銘柄であれば、ルール1.が守られていれば大丈夫です。

むしろ初心者のうちは複数銘柄見ていると、

いろいろな値動きの癖を整理することができずに

結果論で解釈をしてしまうため、

私自身が直接指導する際は1銘柄に絞っています。

9.指値注文はせず、成行のみで取引すること

指値をしてはならない。

売買の価格を決めず、成り行きで売買すること。

この値段で買いたいと思った場合、

自分が見ていなくても『指値注文』によって

決められた値段で有利な位置で持つことができますが、

それはボックス相場の時に限った話です。

例として、有利な利益の乗った買いポジションを持っているときに

大きな上昇が起きた場合、指値で売り注文が入っていると、

伸びるはずだった利益にフタをしてしまうということが

起きてしまうからです。

なので、トレンド相場の場合は持った値段で止まることなく移動するため、

高値で売りを持ちたいなと思った値段が、

高値になるとは限らず、逆に損を出す注文になるため、

使いどころが大切です。

基本は成り行き注文で十分だと考えています。

10.充分な理由がないのに手仕舞わない

確固たる理由なしに手仕舞いしないことも

絶対に控えた方が良いかと思います。

利益が乗ってくると欲ですぐに利益を取ってしまい、

含み損は確定したくないという気持ちで

無限にポジションを抱えようとしてしまうことがあります。

これでは得られた利益に対して、

許容している損があまりに大きいため、

資金をトータルでプラスにするということが難しくなります。

『利益は最低40円分の値幅で取る。そして、損は-8%で止める』

といったようにあらかじめ決めておいたルールに従って行動すべきです。

私も、節税の関係で年度12月までに

目標金額に到達していた場合は手仕舞いし、

年ごとに仕切り直しをするようにしています。

11.トレードで儲けた黒字分は別に分けて管理すること

実現利益は別勘定として保有することも大切です。

他の書籍でもよく取り上げられていることだ思いますが、

トレードで稼いだお金は別口座などに移して

「現実の金」にすることで、実感がわくというような意見があります。

また、儲けたお金は再投資に回したほうが

複利効果が高まってよいという意見もあります。

どちらの意見を取るか判断に難しいところですが、

私自身は獲得した利益の半分を使い、

半分は残して次年度の元金に追加してトレードをしています。

こうすることで無駄な悩みは消えます。 

12.スキャルピングはしない

わずかな利益狙いの売買(スキャルピング)をしないことも大切です。

投資の世界は、資産を築いた投資家に対して

より多くの資産を築くように仕向けてきます。

なぜならば、証券会社は株の上げ下げではなく

取引に際して発生する手数料でビジネスをしているからです。

投資家は取引しすぎると、

その利益の多くを証券会社に抜き取られることになるため、

現実のお金を手にするのは確実に証券会社が先であるといえます。

下手な売買を繰り返すと、

手数料の分だけが確実に減っていきますし、

考えも少しずつ冷静さを欠いてくるものだと

心がけたほうが良いかと思います。

13.ナンピンはしない

基本的に難平(ナンピン)は決してしてはいけません。

これはトレーダーがするかも知れない最悪の失敗の1つである。

ナンピンをすることで平均的な買い単価を下げることができます。

しかし、保有している株数自体は増えるため、

値動きの上げ下げで増減する

含み損益(リスク)も大きくなるため、

資産とメンタルに与える影響が強く出てきます。

さらにナンピンで下がっているときに安値圏ならまだいいですが、

最高値から通常よりも大きな値幅で続落している場合、

トレンドが発生する可能性が高いため、

とまることなく数日間下がり続けていく可能性があるのです。

その結果、思いもしなかった損を

被ることになる可能性が非常に高いので

絶対に避けてください。

14.耐えよ。焦るな

これは、我慢できずに手仕舞いしたり、

待ちきれずにポジションを持たないことです。

さまざまな解釈の仕方があると思いますが、

まずは感情を表に出すと投資判断には

悪影響しかないということです。

私自身、パフォーマンスが良い時こそ

『冷静と情熱の間』

ともいうべき落ち着いた精神状態で臨んでいることが多いです。

15.小さな利益と大きな損失を避けよ

小さな儲けと大きな損は避けることを徹底してください。

負けは必ず来るものなので、

『損小利大』を心がけて、

コツコツ利益を積み重ねていくことが

株式投資で資産を増やしく上での最善策といえます。

16.ストップロス注文を置き、これをキャンセルしない

2.でも触れたストップ注文ですが、

ストップしていたにもかかわらず、

その損を止めているはずの利益を決済してしまい、

ルール違反をしてしまう方が多いです。

私も投資はし始めた初心者の時は

これを何回もしてしまっていました。。

投資初心者の方が、

月利5%と目標設定してしまうと、

このルールを破る傾向にあります。

私の投資手法では、

少ない月で2%、多い月だと6%と

結構な差があります。

年利40%以上を安定的に出すためには

『動く時期』と『動かない時期』を

しっかり見て判断することが求められます。

相場は農業と同じで季節性があるものなので、

同じルールを使ったとしても、

月別の利益金額には必ず差が出てくるということを

頭の中にいれておいてください。

17.頻繁な売買は避ける

過剰に頻繁な売買は避けた方が良いです。

これはルール3.ルール12.でも同じことを言わせていただきました。

まあ、これだけ何度も登場するということは、

ギャン氏は『待ち』の重要性を

よっぽど伝えたかったのかなと思います。

18.空売りも有効に使え

ロング(買い)だけではなくショート(売り)も活用してください。

ギャン氏の推奨しているトレンドフォロー手法は、

株価上昇の局面では買いで参戦し、

揉み合い相場では様子見を徹底します。

では、株価下落時はどうすべきかということですが、

決して逆張りでトレンドに逆らうリバウンド取りをするのではなく、

空売りを活用することで下げのトレンドに乗る方が有効だということです。

信用取引に関しては別の記事で

説明させて頂いているので、

そちらを参照してください。

19.値頃感で取引しない

これはいわゆる安値覚え、高値覚えは禁物です。

これは分かりやすく言い換えさせていただくと

株価が少し下がったからと言って、

安いと思って買ったりナンピンするべきでは

ないということです。

もしかすると、その小さな下げが

大きな下落トレンドへの入り口かもしれません。

「安くなったから、そろそろ買おう」

ではなく、

「安くなったから、もっと安くなるかも」

と考えた方が結果的に損を大きくしないことに繋がります。

20.ピラミッディングはレジスタンスやサポートをブレークしてから実行する

ピラミッディング(買い増し、売り増し)には

適切なタイミングというものがあります。

つまり、レジスタンスライン・サポートラインを

ブレークしてから買い増し、売り増しをすることです。

例えば、最初から10の資産を入れるのではなく、

まずは5だけを入れて打診的に買い、

そして株価が上がれば3を買って増し玉、

さらに上がれば2を追加して10にするといった具合です。

一時的に株価が下がる「押し目買い」などがありますが、

ギャン理論で推奨されている買い増しのポイントは

あくまでも上昇のタイミングです。

「◯◯円まで下がったら買う」ではなく、

「上げの途中で◯◯円まで上がったら買う」

と考えるのが、ギャン理論の手法です。

私の投資手法でも下げの途中にポジションを持っていいのは、

有利な利益の乗ったポジションがあるケースのように

優位性がある場合のみに限定する

ルールを徹底しています。

21.トレンドが明確な時だけピラミッディングする

買い増しするときは強い上昇トレンドを示すもの、

売り増しするときは強い下降トレンドを示すものを

選ぶことが重要です。

ピラミッティング(買い増し)は、

トレンドの強い時期に値幅を広げて行うほうが、

リスクは下がります。

なぜなら、値段が近い位置で買い増しをしてしまうと、

その後思惑とは逆に大きく下がった場合、

すべての買いが含み損になってしまうため、ハイリスクだからです。

ですので大きく買いの利益が乗ってから

買い増しするためには強い上昇の動きで行う必要があります。

22.リスクヘッジの両建てはするな

同業種他銘柄、あるいは他限月の反対売買等の

リスクヘッジ行為はしてはいけません。

例えば、原油先物価格が上昇していて、

今後も原油関連銘柄の上昇が期待できるという状況で、

石油会社Aでは買いを持ち、石油会社Bでは売りを持つなど、

これではAの利益をBが打ち消すことになるため、

トレンド相場での両建ては有効な手段とは言えません。

同様に同じ銘柄でも、同じ単価での両建てなどは

どちらかが含み損を抱えるkとおになるので

おすすめしません。

23.十分な理由がなければポジションを決済してはいけない

明確な理由のもと、明確なルールに従って売買を行うことが重要です。

例えば、デイトレの戦略と、スイングの戦略を持っている人がいた時に、

値動き主体ではなく自分のやりたい取引をしたくて、

ルールをころころ変えてしまうことで

利益率が逆に下がるというのを数多く見てきました。

最初は小動きを取るなら小動きを取ることに集中したほうがよく、

その過程で自信がついてきたら使い分けの練習をするといいです。

24.儲けた後は、取引量を減らす

十分な利益を確保した後は、意味のない頻繁な売買を行わないこと。

確率論で考えると連勝するごとに、

負けを引く可能性も増えていくため、

連続で勝ちを拾ったときは自分の実力ではなく、

相場環境が良かったからだと私は考えるようにしています。

どんなプロの投資家でもシステムでも

連勝というバブルはそう長く続きませんので、

大きく勝てた時こそ、一度休みをはさんで

冷静に相場を見れるように心がけてください。

25.相場の天井/底を推測しない

相場の天底に関して勝手な憶測を行わないことが重要です。

多くの投資家が天井と底を当てようとして、

底なし沼や青天井に引きずり込まれていきます。

私自身底をつけて上昇してから買い。

天井をつけて下がってから売り。

この2つを徹底しています。

つまり、

『頭と尻尾はくれてやれ』

という格言に従ってポジション取りをしていくことが

結果的に含み損を出さないことに繋がっていくのです。

26.他人の意見には従うな。自分で研究せよ

自分より優れた人の場合を除き、

他人の助言に基づいた売買は行わないことが重要です。

とくに市場のうわさ話とか、掲示板の話とかは無視してください。

なぜなら、買いポジションを大量に仕込んだ時に限って、

下げ要因である北朝鮮のミサイル報道が入ったり、

投資仲間からの知らせが大したことでなくても

不安材料のように感じてしまったりします。

自分自信ででプランを立て安定的に利益を出せるようになった現在では、

メンターの相場の方向感が下だったとしても、

私のトレンドラインが上を指しているのであれば、

自分の『上だ』という判断は曲げないようにしています。

27.損失が出た後は取引量を減らせ

負けたら、次は小さく勝負することです。

大きく勝負して負け続けると、

あっという間に全資金を使い切ってしまう

可能性があります。

人間は、損をしてしまうと

ついつい取り返したくなる

「サンクコスト効果」というものに陥りがちです。

損失を出して大切な資産を失ってしまうと、

それを取り戻すためにさらにリスクの高い取引に手を出したり、

さらに倍の資金を突っ込んだりします。

うまくいかないときこそ、

一度身を引いてみる勇気が必要で、

そうした冷静さを欠いた取引は

さらなる損失を呼び寄せるだけです。

ですので、負けた時は必ず一度冷静になって

相場を見つめて判断することを心がけてください。 

28.間違ったポジションメイク・間違った決済をしない

ポジションを建てる時も手仕舞いする時も、

あなたの感情は無視して必ずルールに従うことが重要です。

間違った取引はたとえ一時的に利益を上げられても

間違っているのですから、次に同じ事をすると、

損をすることになります。

慣れたころにこそ、

しっかりルールを確認する習慣を

見つめなおす必要があります。

まさしく

『勝って兜の緒を締めろ!』ですね。

■あなた自身の取引ルールと28のルールを照らし合わせる

いつの時代も、株式市場ではごくわずかの投資家が勝ち続け、

その裏で多くの投資家が退場に追い込まれていく

『ゼロサムの世界』であることに間違いはありません。

もし自分が「ごくわずかの投資家」の側になりたいと思うのであれば、

投資手法は人の真似をするので止めず、

自分自身の経験に裏付けされたオリジナルを身につけることが大切です。

これは投資だけでなく野球やサッカーのスポーツや

靴職人やラーメン屋でも同じです。

あなたが挑む世界で一流になりたいのであれば

『守破離』の精神は必ず持ってください。

ギャン理論は時代に左右されない本質的なものが多いです。

しかし、人それぞれ性格は違うので

得意な部分もあれば苦手とする部分もあります。

長く投資をしていると、失敗も数多く経験します。

実際に私もいろいろな教材を買って実トレードで試し、

経験から学び、自分のオリジナルルールを作り、

そして失敗を改善した先に成功があったと思います。

今回の記事を何度も読んで理解して頂き、

自分の弱点はどこなのか、客観的にチェックしてみて

レベルアップを図りましょう。

最後に

今回の記事では有名なギャン氏の考えに対して

私の投資手法、投資に対する考え方を織り交ぜながら

説明してきました。

今回の記事は私自身、結構内容が濃いものに仕上がっていると

自負しておりますので、

ぜひ、何度も繰り返し読んで理解してください。

それでは最後まで読んでいただき

ありがとうございます。

次回の記事も楽しみにしていてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

kamisiro

家庭の環境から小さい時から金融商品や知識になじんだ生活を送る。 サラリーマンとして生活する傍ら 株、FXで本業とは別の収入を得続けている。 FXの成績は月利3~7%と幅がある。 投資歴はデモ期間を含めると、13年ほど。