投資初心者におすすめのNISA口座の開設方法

こんにちは。

神代(カミシロ)です。

今回は投資初心者にオススメである

NISA(ニーサ)口座に関して

特徴や開設方法、メリットやデメリット、

賢い運用方法などを詳しく説明させて頂こうと思っています。

2014年から日本でスタートしたNISA(ニーサ)ですが、

開始当時はテレビCMもバンバン流れていましたので、

あなたが投資初心者でも、投資と無縁の生活をしていても

名前くらいは知っているかと思います。

しかし、実際にNISAを理解していたり、説明できたり、

NISA口座を実際に開設したというのは、

ないのではないでしょうか?

もしかしたら、あなたはNISA(ニーサ)に興味があっても

いざ実際に口座を開設して、運用しようと考えると

二の足を踏んでしまっているのかもしれません。

そもそも、いったいNISAとはどの様な制度なのか。

初心者にもおすすめできる理由と合わせて

私が今回の記事でしっかりと説明させていただきます。

ですので、今回の記事を読むのを途中でやめたり

面倒だと思って斜め読みをしたりせずに、

しっかりと理解できるように

真剣に読み進めてください。

それでは、早速記事の説明をしていければと思います。

NISA(ニーサ)とは一体?

NISAは、日本語の正式名称は

少額投資非課税と言います。

もっとわかりやすく言いますと、

株式や投資信託を売却したと域に出る利益や、

配当金や分配金にかかる税金が

非課税になるという制度となります。

この非課税という制度ですが、

裏技みたいでバカに出来ないです。

というのも、一般的に株式投資で売却益や配当金には、

20%程度の税金がかかるので

言い方を変えるならNISA口座なら何もせずに、

20%の儲けが得られることになります(笑)

どうですか?(笑)

めちゃくちゃNISAに興味が出てきたんじゃないでしょうか?

NISA(ニーサ)の具体的な制度の内容とは?

配当金や売却益が非課税

まず、あなたに最初に理解しておいて頂きたいのは、

通常、株の配当金や投資信託の分配金には

20.315%の税金がかかり、稼いだ金額のその割合を

しっかりと納税しなければいけません。

しかし、NISA口座内で保有している

金融商品からの配当金・分配金は

全て非課税となるので、納税しなくても良いのです。

また、値上がりした株等を売却した時に生じる

売却益(キャピタルゲイン)も非課税となるという

めちゃくちゃうれしい制度となっています。

運用上限は年間120万円まで

NISAが適用できる上限額は

年間120万円までです。

この上限枠内なら株や投資信託など、

自由に購入することができるのです。

あと、これは注意してほしいのですが、

きっちり120万円を使用しなくても、あらかじめ決められた上限枠は

次の年に持ち越すことはできません。

つまり、分かりやすく説明させていただくと

今年90万円分しか買わなかったからといって、

次の年に150万円分の株を買えるわけではないということです。

非課税期間は5年間

NISAには、非課税にできる期間が

5年間という制限が定められています。

つまり、1度買った株や投資信託は、

売却しない限り5年間は非課税で、

配当や分配金を貰い続けられます。

これってめちゃくちゃおいしいですよね!

まあ、このおいしい期間は5年間なのですが、

5年を超えた場合、売却しないでそのまま保有するのであれば、

NISA(ニーサ)から通常口座に移さなければなりません。

NISA(ニーサ)の種類と特徴とは?

通常版のNISA(ニーサ)

一般的なNISA口座で、

20歳以上の日本在住の方なら誰でも1口座開設できます。

ここで気を付けてほしいのですが、

一つの証券会社につき、1口座ではなくて

全ての証券口座において、1口座ということになります。

この口座では、毎年120万円まで投資可能で、

5年間の非課税期間が与えられているのです。

ただし、NISAを利用するには、

通常の証券口座とは別に、

新たにNISA口座開設の手続きをする必要があります。

NISA(ニーサ)の口座開設自体は難しくはないのですが、

少し時間がかかる場合がありますので、

急ぎの場合は余裕をもって早めに申し込んで

準備しておいた方が良いです。。

ジュニアNISA(ニーサ)

次にジュニアNISAは、

未成年の方のための少額投資非課税制度となります。

こちらも通常のNISA(ニーサ)口座と同じく

日本在住の方が対象になるのですが、

年齢は0歳~19歳の方に限られます。

もちろん通常のNISA(ニーサ)口座と同じように、

株等の売却益(キャピタルゲイン)や配当金(インカムゲイン)が

非課税になり、期間も最長5年間となります。

ただし、通常のNISA(ニーサ)口座とは違い

年間の投資可能金額が80万円までとなっていて、

120万円よりも少ない金額ですので後でトラブルにならない様に

間違えない様に注意してください。

さらに、ここであなたに、

もう1つ注意して頂きたいことがあります。

それは原則として18歳までは、

口座からの払い出しに制限があるということです。

ですので、この点も合わせて

後にトラブルにならない様に

間違えない様に注意して下さい。

積み立てNISA(ニーサ)

最後に積み立てNISA(ニーサ)に関して

説明させていただきます。

積立NISAは2018年1月からスタートした

新しいNISA制度となります。

これ積み立てNISA(ニーサ)は通常のNISAよりも、

より長期的な資産運用に視点を置いた制度となります。

内容は、投資可能金額は1年間に40万円までと

通常のNISAよりも金額は少なくなるのですが、

非課税期間はなんと通常のNISAの5年の

4倍の20年間まで引き延ばされます。

ただし、運用できる商品には制限があり、

自分の好きな商品を買える訳ではないのです。

ここは個人的にデメリットかなと思うのですが、

そのデメリットすらかすんでしまう

20年間の非課税期間は本当に魅力的だと思います。

では、次にNISAのデメリットに関して

説明させて頂ければと思います。

NISA(ニーサ)のデメリットとは?

損失通算が出来ない

まず、通常の口座でしたら

可能なことができなくなることが多いです。

代表的なものとしてはNISA口座で損失が生じても、

通常の口座と損益通算することができないという

デメリットがあります。

というのも、通常の口座内で損失が生じた場合、

利益と損失が相殺されて、

税金の還付を受けることができるからです。

しかし、もともと非課税である

NISA口座で損失が生じても、

還付の対象とはなりません。

まあ、これは当たり前と言っちゃ当たり前なんですが、

一般的に勘違いする事が多いので、

後でトラブルにならない様に

しっかりと覚えておいて気を付けてください。

損失繰越ができない

次のデメリットとしては、

通常の口座では損失が確定した場合、

最大3年間まで損失の繰越をすることが可能です。

これは簡単に説明すると、

3年間は年をまたいでも損失が出ている場合は

損失を繰り越していけるということで、

税制上有利になるのです。

なぜ、有利かというと、

例えば今年株式投資において100万円の利益が出ていたら

約20万円程の税金額を納税しなければなりません。

しかし、過去3年間で累計100万円の損失が出ていたら

その損失分を使って利益を相殺することが出来るので

納税金額が0円になるのです。

どうですか?

めちゃくちゃ魅力的ですよね?(笑)

しかし、NISA口座では、

損益通算の時と同じ理由で、

損失繰越もできないので注意してください。

損失繰越を見越して、

支払う税金が用意出来ないなどといった

マヌケなことが起きない様に気を付けてください。

では、津國なぜ、NISA(ニーサ)は株式投資初心者に

オススメなのか説明させて頂きます。

NISA(ニーサ)を投資初心者におすすめできる理由とは?

株の初心者は目の前の欲に取りつかれて

早く利益が欲しいという強い気持ちから、

通常ならば必要ないような

つい無駄な売買をしてしまいがちです。

ニュースやアナリスト、証券会社の格付けに敏感に反応し、

長期で考えれば利益が出ていたような投資でも

我慢できずについ短期の売買をしてしまうのです。

ですが、短期売買のプロは、よくドラマなどであるような

何面ものモニターを見ながら大量の情報を

処理して瞬時に判断し処理して売買を行っています。

そんなプロの投資家たち相手に

初心者がその土俵に乗って勝てるわけがないのです。

株はゼロサムゲームですから

完全に「カモ」にされてしまうわけです。

プロ投資家の「栄養分」となってしまうのです。

しかし、NISA口座で株式投資を行うことで、

年間の投資可能枠が決まっているので、

自然と長期保有の投資ができます。

短期で回転売買をしたくても、前述させていただいた通り

上限金額が決まっているので、できないのです。

短期投資ならプロの投資家たちを相手にしなければならないので

勝つこと、稼ぐこと、利益を出すことは正直難しいです。

しかし、長期投資なら、

企業の分析を少し勉強すれば、

初心者でも十分勝つことや稼ぐこと、利益を出す

チャンスはあるのです。

ですので、今日私の記事を見つけて

読んでいただけていることをきっかけに

ぜひ、NISA口座で長期投資を行い

安定的に利益を出すことを目指してみてください。

では、実際にNISA(ニーサ)口座を開設するにあたって

オススメの証券口座を紹介させて頂ければと思います。

NISA(ニーサ)が開設できるおすすめ証券口座とは?

SBI証券

まずは知らない人はいないであろう

ネット証券最大手のSBI証券です。

NISA口座に対応していることはもちろんですが

売買手数料や取扱商品の量、チャートなどの取引ツールなど

全てにおいて高い水準で提供されています。

株の信用取引においても手数料は安いですし、

非常におすすめです。

今後本格的に投資をしていくなら、

開いておいて損はない証券会社です。

マネックス証券

次に紹介させて頂くのは、

マネックス証券は米国株取扱No.1の証券会社です。

もちろんNISA口座での米国株投資も可能なので、

日本以外の株にも興味がある方はマネックス証券がおすすめです。

楽天証券

最後に楽天が運営する証券会社である

楽天証券です。

手数料の安さや情報量など魅力のある楽天証券なのですが、

1番のおすすめは「マーケットスピード」という取引ツールとなります。

これは非常に人気で、

このツールを使いたいがために

楽天証券に口座を開く方がいるほどです。

また、楽天会員の方は口座開設が非常に楽なので、

会員の方には特におすすめです。

<h2>最後に</h2>

NISA口座では、通常年間120万円までが

最長5年間で非課税となります。

また、ジュニアNISAや積立NISAなど派生制度もあり、

自分の投資スタンスに合ったものを選ぶことができるので、

無理せず自分のライフスタイルに合わせた

投資をすることができます。

一方で、損益通算や損失繰越が

できないというデメリットがあることは

絶対に忘れない様に注意してください。

今回の記事で説明させて頂いたように

初心者の方は、プロが沢山いる短期売買の土俵に上がるのではなく、

自然と長期投資ができるNISAでの投資がおすすめです。

以上、ここまでの記事の内容を

しっかりと理解したうえで、

あなたの人生を豊かにする為に

株式投資に臨んでいただければと思います。

それでは、今回も最後まで私の記事を読んでいただき

ありがとうございます。

次回の記事も楽しみにしていてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

kamisiro

家庭の環境から小さい時から金融商品や知識になじんだ生活を送る。 サラリーマンとして生活する傍ら 株、FXで本業とは別の収入を得続けている。 FXの成績は月利3~7%と幅がある。 投資歴はデモ期間を含めると、13年ほど。