投資初心者向けにIPO(新規公開株)を徹底解説

こんにちは。

神代(カミシロ)です。

今回は聞けばあなたも絶対に、

やってみたくなるIPO投資に関して

説明していきます。

まず、IPOとはなんぞや?という

あなたのために簡単に説明させていただきます。

「新たに証券市場に上場する銘柄(企業)」を

IPO(アイピーオー)といいます。

IPO(新規公開株)は、とても人気が高いです。

その理由として、年齢、性別、投資スキル、投資歴に関係なく

誰でもかなりの高確率で利益を出せる可能性があるからです。

にわかに信じられないかもしれませんが

IPO株は売買に専門的知識を必要とせず、

勝率がかなり高いため、株式投資初心者でも

いとも簡単に利益を出すことができます。

今回はそんなIPO投資に関して

詳しく説明させていただければと思います。

IPOとは?

IPOについて

まずIPOとは日本語で

「新規公開株」や

「新規上場株式」という意味となります。

では、IPOは具体的にどのようなものかといえば、

通常の株式取引と同様に、誰でも株取引ができるように、

今まで株式を公開していなかった企業が上場を行い、

株式を公開するということです。

つまり、もっと分かりやすく言うのであれば

「株式市場での最初の公開売り出し」

という意味になります。

もちろんこのIPOは私たち投資家だけでなく

企業側にもメリットがあります。

この資金をもとにして、

企業は設備投資や従業員の増員を行い、

事業規模を大きくすることができるのです。

これは以前別の記事で説明させていただいた

企業が上場する意味とは、資金を調達して

企業の事業投資など経営を

潤滑にする目的があるからです。

で、話を戻すとIPOをすることにより

上場企業として認められることになります。

すると、「信用」や「知名度」も

当然のことながら自然と上げることができるのです。

では、今度は私たち投資家から見たIPOの魅力について

説明させて頂ければと思います。

IPOの魅力とは?

この項では私たち株式投資家目線から見た

IPOの魅力について説明させて頂ければと思います。

まず、IPOの公募価格(上場前の株価)は、

一般的に割と安めに設定されていることが多いです。

ですので、企業が上場すると、

一般の投資家も

購入することが出来ます。

さらに踏み込んだ話をすると

人気がある企業(銘柄)の場合、

株価が公募価格よりも

大きく値上がりすることが多々あるので、

短期間で大幅な利益を出せる可能性もあるのです。

では、利益を出すためには

まず購入しなければならないのですが、

その方法としては、IPOは証券会社から応募し、

当選する必要があります。

当選についてはこればかりは「運」が鍵となるので、

売買の知識やテクニックは完全に不要です。

ですから、投資初心者の方でも

いきなり大きな利益を得られる可能性があるのです。

これはある意味、宝くじの感覚に近いと思います。

少ない資金で大きなリターンを得ることが可能

IPOは、参加するのに特別に

大きな金額が必要とかではなく

最低10万円の抽選資金(購入資金)があれば

誰でも参加することができます。

私自身の感覚からすると

参加資金が30万円以下の企業が

割合的には多く感じられます。

しかし、全体の10%は10万円以下でも

参加可能な銘柄はそこそこあります。

例えば、近々の2017年の

「ウォンテッドリー株式会社」では、

抽選に必要な資金は10万円でしたが、

初値で売却した際の利益は約40万円でした。

さらに「エル・ティー・エス」という企業では、

抽選に必要な資金7万円だったのですが、

初値で売却した場合の利益は約20万となっています。

また、抽選時に資金がいらない

証券会社も探せばあるので、

IPOは当たったらラッキーだと思って

積極的に応募しておいて損はないと思います。

では、次にIPOのデメリットに関して

説明させていただきます。

IPOはローリスク・ハイリターン?

ここまで読んでいただければなんとなく

理解出来てきたかと思いますが、

ぶっちゃけ株式投資家の中で

IPOはかなり人気です(笑)

その理由は当然のことながら

儲かる確率が非常に高いからです。

そもそもIPO株の仕組みは、

証券会社から上場前の株式を手に入れて

上場時の初値(上場時に初めて付く株価)で

売ることで利益が出ます。

2018年においては知名度が抜群に高い

メルカリがIPO上場して話題になったのも

記憶に新しいと思います。

このIPO銘柄は、

公募価格は初値よりも低く設定されており、

その差額は数十倍になることも

全然珍しいことではありません。

ちなみにメルカリの公募価格は

3,000円で初値は5,000円です。

つまり、60%以上の値上がり率を記録しました。

当然私もメルカリのIPOは参加して

しっかり初値で売り抜けて利益を得ました。

まあ、通常の株式投資では

このレベルの売却益(キャピタルゲイン)を

出すことは結構難しいかと思います。

これだけ聞くと今すぐにでも次は絶対に

IPOに参加したいと思うと思います。

しかし、このIPOは誰でも

簡単に参加してIPO株を

手に入るというわけには残念ながらいきません。

IPO株を手に入れるには

証券会社の抽選に当選する必要があります。

もちろん、IPO株は当たれば

通常の株よりもリスクは低く、

大きな利益も見込めます。

しかし、証券会社の抽選に

当選しないといけません。

抽選に当選されるには

運の要素が大いに影響されますので、

普段から行いを良くして運気が巡って来るように

努めた方がいいかもしれません(笑)

では、ここまでIPOのメリットに関して

理解して頂けたかと思うので

次にIPOのデメリットを

説明させていただきます。

IPOのデメリットとは?

公募割れ

IPOに限らず、株価というものは

やはりどうしても価格は変動します。

そのため、IPO投資は、

価格が上昇する確率が高いとは言え

公募価格を下回り損失を出すことも

十分にありえます。

まあ、2017年にブームになった

仮想通貨のICOとかなんかよりは

全然確率は低いですけど(笑)

確率が低いとは言っても、

やはりゼロではありません。

なので、IPOに実際に申し込む際は、

注目銘柄を中心に申込むのが

安全度は高いかと思います。

もちろん、人気銘柄の抽選は

それだけ激戦になりますが、

うじうじ悩んでも仕方ないかと思います。

IPOの成功の秘訣は、

失敗を恐れずに

積極的に参加することです。

このような行動が大きな利益を

生み出すきっかけとなるのです!

次にIPO投資の2つ目のデメリットに関して

説明させて頂きます。

上場後の値動きの激しさ

今回の記事の前項でも話させて頂きましたが

IPO投資の特徴として、公募価格が

初値よりも大幅に低い事が大半です。

そのため、多くの投資家は

初値がついた段階で

多くのIPO銘柄は利益が出ているため、

保有しているIPO株を売却する傾向があります。

このような傾向があるため、

上場直後は需給の動きが通常時よりも動くので

非常に株価は通常時よりも乱高下します。

IPOに関しては上手にやりくりすれば、

さらに利益も稼ぐことは可能です。

しかし、一般的にIPO銘柄を購入した場合は、

「もっと価格があがるのでは?」

と、希望的観測を持って

長期間保持するよりも

初値で売ってしまったほうが良いと思います。

では、次に実際にIPOを保有するために

当選確率を上げる方法に関して

説明させていただきます。

IPOの当選確率を上げる方法とは?

複数の証券口座を開設

今回の記事で何度も記載させて頂きましたが、

IPO株を手に入れるためには、

まずは証券会社の抽選に当選しなければ

利益を上げる事すらできません。

しかし、抽選はランダムであり、

投資の経験年数やスキルは全く関係なく

完全に運に任せるしかない為、

確実に手に入る方法は残念ながらありません。

そこで少しでも確率を上げるためには

ネットで複数の証券会社に

口座を開設しておくことをおすすめします。

完全に数撃ちゃ当たる作戦ですね(笑)

ですので可能であれば自分の口座だけでなく

家族や友達、恋人にも協力してもらい

あなたの可能な限りの口座数を持つことでIPO株を入手することが、

当選確率を上げるのには最も効果的だと言えます。

資金を多く準備

今までIPOを保有するには完全に運に左右される

平等なものであると説明させて頂いていました。

しかし、中には例外があります。

証券会社の中にはIPOは完全抽選制のものと、

資金が豊富で取引を頻繁に行っている人から

順番に割り当てる割当制の2つが存在します。

また、証券会社によっては

抽選に資金が必要なところも存在するため、

開設していく証券会社を選びつつ

資金もある程度用意しておくことがいいです。

更に追加で当選確率を上げる

裏技を教えさせていただきます。

主幹事証券会社からの応募

IPOの当選確率を上げる裏技としては、

主幹事証券会社を狙って応募することです。

上場する企業の株式には、

主幹事となっている証券会社が

それぞれ存在しています。

ですので、注目している銘柄の主幹事企業の口座を

開設して応募してみることをおすすめします。

理由は単純で、

主幹事証券が銘柄の80%を持っているため

当選確率も他の証券会社とは段違いになてくる理屈です。

このような理由から

他の証券会社よりも当選確率は上がります。

ですので、狙いの銘柄を見つけたら

主幹事証券会社の口座から申し込んでください。

では、またここで新たに追加で

当選確率をあげていく裏技を

説明させていただきます。

時間差を利用

当選確率を上げる裏ワザとしては

時間差を利用するという事です。

基本的にIPOの抽選日は決まっています。

しかし、ネット証券の中には

購入申込み後に抽選を行うものも存在します。

そのため、証券会社ごとに

若干のズレが生じるため

この時間差を利用して

当選の機会と確率をあげられます。

一度に挑むよりも

分割して挑んだ方が確率が上がるということです。

ですので、複数の証券口座で

IPOを申し込む際は、一度に申し込むのではなく

分割して申し込むことを意識してください。

SBI証券のチャレンジポイントを利用

ただ、やはり、IPOは「当選」ですので

笑う人もいれば泣く人もいます。

当然のことながらIPOの当選確率は、

そこまで高くはないのです。

もちろん大型IPOともなればなおさら

当選確率は高くないです。

しかし、一見落選したら無駄に思えてしまいますが、

SBI証券では「IPOチャレンジポイント」制度というものを

採用しています。

このIPOチャレンジポイントというものは、

抽選に外れるたびにポイントが溜まっていくというものです。

そしてSBI証券ではこのポイントが多い順番に

個人客へ配分予定30%が割り振られます。

そのため、何度も落ちたとしても

ポイントを貯めることで当選確率が

大幅に上昇していく、

いわば「敗者復活戦」の様な権利が得られるのです。

抽選に当たっても買わないという選択も可能

当選の辞退で受けるペナルティ

IPOというのは誰しもが

手に入れることはできません。

なので、証券会社の中には

IPOに当選したにも関わらず

購入権利を辞退した場合に

ペナルティがある証券会社もあります。

主なペナルティを課す証券会社としては

主幹事を務めることも多い

SMBC日興証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券の2行は

比較的重めのペナルティがあるので、気を付けてください。

どちらの証券会社も辞退した段階で

翌日からのIPOへの応募は不可能になります。

そして、現時点で保有しているIPO銘柄も

すべて無効になるというペナルティも

もれなくついてきます。(笑)

これは今後のあなたの投資人生において

かなりの痛手になるため、

この2社での辞退は絶対に避けてください。

ここまで読むとIPOの辞退に関して

かなり怖いイメージを持つかもしれませんが

他の証券会社ではペナルティがない証券会社も多いです。

ですので、下手に余計な心配事などをして

機会損失にならないように

証券会社ごとの特徴を把握するようにしてください。

最後に

ここまで長々とIPO銘柄について

説明させていただきました。

IPO投資の当選確率は、

通常通りに行えば平均的に5~10%といった

感じかと思います。

しかし、ちょっとした工夫をすることで、

その当選確率は大幅に上昇する傾向があります。

IPO投資は、当選しさえすれば

比較的にローリスクでハイリターンな銘柄が多いので、

大幅な利益も見込める魅力的な投資方法の一つとして

やはり根強い人気があります。

証券会社でのおすすめは、SBI証券やマネックス証券は

完全抽選制を採用しているため、

資金力や取引量、投資キャリアや年齢に

関係なく誰でも平等にIPO銘柄を狙えます。

また、多くの企業は抽選に応募するのに、

そこまで大きな資金は必要ないため、

まずは証券口座を開設して応募してみることを

おすすめします。

それでは、今回の記事も最後まで読んでいただき

ありがとうございます。

次回の記事も楽しみにしていてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

kamisiro

家庭の環境から小さい時から金融商品や知識になじんだ生活を送る。 サラリーマンとして生活する傍ら 株、FXで本業とは別の収入を得続けている。 FXの成績は月利3~7%と幅がある。 投資歴はデモ期間を含めると、13年ほど。